日経ビジネス 2001/08/27号

時流超流・トレンド 人ニュース シリーズ社長の通信簿
瀕死の名門を構造改革し、再生軌道へ 沖電気の篠塚社長、黒字化達成もハイテク景気後退が難関

 1998年6月の就任以来、篠塚勝正社長(60歳)は危機に瀕する名門、沖電気工業の改革に奔走してきた。篠塚氏は管理畑が長かった前社長の澤村紫光氏と違い、もとは技術者。コンピューターのシステム開発に関わり、金融システム事業で頭角を現した。若い頃から社長候補とされ、沖電気を立て直す“切り札”としての登板だったが、前評判にたがわず、赤字体質からの脱却にこぎ着けた。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1588文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
【記事に登場する企業】
OKI(沖電気工業)
update:19/09/24