日経ビジネス 2001/09/03号

時流超流・トレンド 新製品トレンド コンビニコスメ
手軽さ武器にスキンケアからメーキャップまでカバー 一層の激化見せる棚取り競争の舞台裏

 最近急速に種類が増えたコンビニエンスストアチャネル専用の化粧品。サイズがコンパクトで価格も手ごろなのが受けて、10代から30代までの女性に人気を呼んでいる。通信販売のみだったディーエイチシー(DHC)が1999年3月から化粧水などの基礎化粧品をセブン−イレブン・ジャパンで発売して話題を呼んで以来の傾向だ。舞台裏ではメーカー各社の激しい棚取り競争が繰り広げられている。(158〜159ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1861文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 健康維持・美容 > ダイエット・美容
サービス・流通・生活・文化 > 健康維持・美容 > ダイエット・美容
【記事に登場する企業】
オービット
海岸ベルマネジメント
花王
コーセー
サークルKサンクス
資生堂
セブン-イレブン・ジャパン
ディーエイチシー
ファンケル
ローソン
update:19/09/24