日経ビジネス 2001/09/03号

時流超流・トレンド 勝ち組の条件
「トヨタに学ぶ」経営評価基準が完成 394項目で製造業を診断、生産方式と同じく世界に普及へ

 トヨタ自動車は今期、日本企業としては初めて連結経常利益が1兆円に達する見通しだ。その強さの源泉が、カンバン方式に代表される「トヨタ生産方式」にあるのは誰もが認めるところ。そして、それを支えているのが協力会社と呼ばれる、部品などの下請けメーカーだ。(9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1614文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > 生産体制(車・バイク)
【記事に登場する企業】
ソニーEMCS
トヨタ自動車
日野自動車
update:19/09/24