日経ビジネス 2001/09/03号

時流超流・トレンド 人ニュース 潜水艇
天下りストップ、電源開発に初の生え抜き社長

 設立から49年、2003年に民営化、上場を控える電源開発に初の生え抜き社長が誕生した。事務畑の本流、企画部門の経験が長く、副社長昇格からわずか1年でトップの座に駆け上がった中垣喜彦新社長(63歳)だ。 中垣社長は1997年に電源開発の民営化が閣議決定される以前から民営化論議に携わり、経営体質改善に取り組んできた。(21ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:768文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
【記事に登場する企業】
経済産業省
財務省
新エネルギー・産業技術総合開発機構
新エネルギー財団
石油資源開発
電源開発
update:19/09/24