日経ビジネス 2001/09/03号

特集 知的資産の破壊力 第3章 知価最大化に挑戦する日本企業たち
技術の金銭価値を意識せよ
協和発酵・富士写真フイルム・キヤノン・花王・三菱化学

 突然、バランスシート上の資産が1700億円も増える──。中堅医薬・化学メーカーの 協和発酵は4月から、医薬部門で研究開発中の医薬品が将来どれだけ収益として貢献するかを定量化するため、「新薬未来資産」としてその価値を数値で表す試みを始めた。 この未来資産の概念は以下のようなものだ。(38〜39ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2847文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
花王
キヤノン
協和発酵キリン
富士フイルムホールディングス
三菱化学
update:19/09/24