日経ビジネス 2001/09/03号

第2特集 我らグローバルジャパニーズ!
トヨタ流改善の請負人、神髄を共有 ほか
米ケンタッキー州 米トヨタサプライヤー支援センター長 大庭  元 氏 誠実さで人心掌握した「経営の総帥」 “少言実行”の成功者、日本教育に喝 シリコンバレーで技術者として勝負 デ・ニーロと組み「世界のNOBU」に 強さの源泉は「日本的倫理観」

 米トヨタサプライヤー支援センター(ケンタッキー州)の大庭元(56歳)の仕事は、米国企業の生産現場を改善することだ。 効率の良さを誇る「トヨタ生産方式」を米国で広めることを目的とするこのセンターは1992年、トヨタ自動車の社会貢献の一環として設立された。大庭は当初からセンター長を務めている。米企業から要望を受けると、すぐさま工場に出向く。(138〜143ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9681文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
トヨタ自動車
update:19/09/24