日経ビジネス 2001/09/10号

時流超流・トレンド 新燃料ビジネス正念場
「あくまでも投資家として、事業は評価する」 開発元ガイアエナジーを提訴、カウボーイ中野社長に聞く

 自動車用の新しい燃料として注目を集めた「ガイアックス」。北海道を拠点とする小売り大手のカウボーイは、ガイアックス開発元のガイアエナジーの大株主。一方で、ガイアエナジーと結んだ製造委託契約で、代金支払いの遅れを巡ってガイアエナジーを提訴してもいる。カウボーイの中野晃社長に一連の行動の真意と、高濃度アルコール系燃料事業に対する今後の展開を聞いた。(9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1825文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
【記事に登場する企業】
カウボーイ
ガイアックス
update:19/09/24