日経ビジネス 2001/09/10号

特集 シリーズ ニッポンの外科手術 第6 道栄えて国滅ぶ 第3章
小倉昌男の後悔「道路行政の転換誤った」

 僕は戦犯です。旧建設省(現・国土交通省)で道路審議会(現・社会資本整備審議会道路分科会)の委員を20年以上やっていましたから。政府の審議会委員は通常長くても8年が任期です。さすがに「10年やってほしい」と言われた時には、「それはいけないでしょう」と断りました。 ところが、「余人をもって代えがたい」「人事院には問い合わせた」となだめられる。(36〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3018文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 土木事業・事例
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木事業・事例
ビズボードスペシャル > 事例 > 土木事業・事例
【記事に登場する企業】
国土交通省
社会資本整備審議会
人事院
ヤマト運輸
update:19/09/24