日経ビジネス 2001/09/10号

技術&イノベーション
DPF(排ガスの微粒子除去装置)
ディーゼル車規制強化で必要性高まる

 1999年8月に東京都が宣言した「ディーゼル車NO作戦」。石原慎太郎・東京都知事がすすの入ったビンを振りかざして排ガスの害を訴えたパフォーマンスで、ディーゼル車の締め出しキャンペーンは話題を集めた。 諸悪の根源とされたのが、ディーゼル車の排ガスに含まれている粒子状物質(PM)だ。(70〜72ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4132文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > その他(車・機械関連のエコロジー)
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > その他部品(車・バイク)
ビズボードスペシャル > 環境 > その他(車・機械関連のエコロジー)
【記事に登場する企業】
いすゞ自動車
イビデン
米エンゲルハード社
コモテック
日本ガイシ
update:19/09/24