日経ビジネス 2001/09/10号

ビジネスeye
「日本酒を救え!」女神たちの奮闘
マーケティング駆使し経営刷新 同性引きつける杜氏の繊細さ

 長野県小布施町。葛飾北斎が晩年に逗留したことで知られるこの町で、江戸元禄期以来300年もの歴史を持つ造り酒屋が、廃業の危機から救われた。酒蔵の名前は桝一市村酒造場。救いの主はセーラ・マリ・カミングスさんという米国人女性だ。 米ペンシルベニア大学で国際ビジネスを学んだセーラさんは、1993年に長野オリンピック組織委員会のスタッフとして来日。(150〜151ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2844文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食材・食品・飲料
【記事に登場する企業】
東京農業大学
パークハイアット東京
米ペンシルベニア大学
松坂屋
update:19/09/24