日経ビジネス 2001/09/17号

体 診察室
肥満の判定法

 今年の夏、ビールを飲み過ぎたためかズボンのウエストがきつくなり始めたKさん(38歳)。自宅の体脂肪計で試しに測ると、標準範囲を超えていることが判明、ショックを受けている。昭和電工健康管理室室長、前田病院(東京・港区)肥満外来医長 大野  誠 肥満を判定する物差しとして世界で最も汎用されているのは、BMI(ボディー・マス・インデックス)という体格指数だ。(128ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1368文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 法令・資格(医療・バイオ) > 医療・バイオの法令全般
ビズボードスペシャル > 法令 > 医療・バイオの法令全般
【記事に登場する企業】
昭和電工
update:19/09/24