日経ビジネス 2001/09/17号

勝者の経営術
M&A資金、IT投資…ここまできた証券化
資産のスリム化に貢献 アイフル、電発などが活用

 証券化の中で最も一般的に知られる事例は、本社ビルや店舗など不動産の証券化による資金調達手法としてだろう。本社ビルをそのまま使いながら、売却したのと同様の資金調達ができるため、証券化に動いた企業が相次いでいる。東京の都心部だけを見ても、多くのビルが有価証券に形を変え、投資家に売却された(下の図と写真)。(44〜48ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6148文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 投資・経費
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 合併・吸収
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
【記事に登場する企業】
アイフル
アクセンチュア
NEC
米シティグループ社
米GEキャピタル社
電源開発
日本公認会計士協会
野村證券
みずほ証券
三井住友信託銀行
モルガン・スタンレーMUFG証券
ライフ
update:19/09/24