日経ビジネス 2001/09/17号

時流超流・トレンド eトレンド 米独禁法裁判
もはや怖いものなし米マイクロソフト 分割断念を決めた米司法省、弱腰になった真の理由は?

 「ビル・ゲイツ会長の高笑いが聞こえてきそうだ。米マイクロソフト圧勝で早期に終結しそうな感じを受けた」 マイクロソフトと米司法省の米独占禁止法裁判に詳しい日本大学法学部の野木村忠邦教授は「今後マイクロソフトの分割を求めず、基本ソフト(OS)とブラウザー(閲覧ソフト)の抱き合わせを独禁法違反としてこれ以上追及しない」という司法省による突然の方針転換(9月6日発…(190〜191ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2102文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
イビデン
欧州委員会(EC)
米司法省
日本大学
日本マイクロソフト
米ネットスケープ・コミュニケーションズ社
米マイクロソフト社
update:19/09/24