日経ビジネス 2001/09/24号

技術&イノベーション
音声分析の応用製品
 「事故のない世界」で犬と話せるようになる

 話している言葉をそのまま文章としてパソコン画面に打ち出したり、キーボードをたたく代わりに音声でコンピューターに指示を与えたりする音声入力は、次世代の有望技術。実現すれば、コンピューターの姿を一変させるばかりか、家電、自動車など幅広い分野で応用できる可能性を秘めている。(60〜62ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4301文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
NHK
オージス総研
塩見
タカラトミー
ダイムラー社
TBSホールディングス
パイロットコーポレーション
米ファイザー社
米空軍(USAF)
三菱スペース・ソフトウエア
update:19/09/24