日経ビジネス 2001/09/24号

時流超流・トレンド マイカル破綻の泥沼 敗軍の将 四方修前社長が激白
「再建に残された時間は少ない」

 9月14日の午後に行われた取締役会では、いきなり私と第一勧業銀行出身の菅原敏行常務(現取締役)の解任動議が出された。動議を出したのは山下幸三取締役(現社長)で、篠田伸生常務(現副社長)が「賛成!」と応じた。あとの役員は遠慮がちに手を挙げていた。棄権したのは旧通産省出身の小林盾夫常務ただ1人だった。(184〜187ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5724文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
【記事に登場する企業】
イオン
イトーヨーカ堂
米ウォルマート・ストアーズ社
ジャパンメンテナンス
西武百貨店
そごう
第一勧業銀行
ダイエー
トリンプ・インターナショナル・ジャパン
長崎屋
日本興業銀行
富士銀行
マイカル
ワールド(婦人・子供服卸)
update:19/09/24