日経情報ストラテジー 2001/11号

新刊ウオッチ
電子文書証明
確実な電子契約への大前提

 電子商取引から電子契約へとインターネットの利用形態が変化した際、最も問題になるのが信頼性や確実性の確保だ。ネット上の取引の場合、取引内容や契約条件を改ざんされたり、盗み見されれば、被害がどこまで広がるか予測が難しい。取引相手が契約について虚偽の主張をした場合、法廷で争えるだけの材料をいかに用意できるかも考慮しておく必要がある。(293ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:492文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > ユーザー認証・電子署名技術
【記事に登場する企業】
NTT出版
update:18/08/02