日経情報ストラテジー 2001/11号

最前線
需要予測システムを導入 来年末メドに在庫15%削減へ
サントリー

 サントリーは10億円を投じて、ビールや洋酒、清涼飲料などの全商品を対象にした需要予測システムを導入する。予測精度の向上によって、来年末までに在庫数量を平均15%削減するのが狙い。新システムはテスト運用を経て、年内に本格運用を始める。 需要予測は、兼任を含む計13人のスタッフが担当している。(171ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1323文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 基幹業務システム > SCM(サプライチェーンマネジメント)
【記事に登場する企業】
サントリーホールディングス
update:18/08/02