日経情報ストラテジー 2001/11号

事例ファイル
サプライチェーン
事例ファイル

 松下電器産業は来年3月末までに、国内のすべての完成品工場にセル生産方式を導入する。 セル生産方式とは、1人あるいは数人のチームで部品の装着から組み立て、検査まで製造の全工程を受け持つ生産方法のこと。ベルトコンベヤーを使って同じ製品を一度に大量生産する現行のライン生産方式に比べて、製造数を調整しやすい。(178〜179ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2949文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
パナソニック
update:18/08/02