日経情報ストラテジー 2001/11号

経営者のためのIT基礎講座
対策怠ると信用失墜も 情報の棚卸しが第一歩
連載●第5回 セキュリティ・ポリシー

 今年の夏は全世界的にコンピュータ・ウイルスが猛威をふるいました。国内でも、過去最悪の被害が報告されています。 情報処理振興事業協会*1は今年9月6日、同年8月のウイルスの届け出状況を発表。これによると8月の届け出件数は2809件、感染実害件数は592件と、いずれもこれまでの月間最多件数となりました。(202〜205ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6536文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > コンピュータウイルス・対策
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > その他(情報システムセキュリティ・トラブル)
update:18/08/02