日経ビジネス 2001/10/01号

特集 シリーズ出直せニッポン 2004年 痛み 第1章 国家の信用、3都で溶解?
東京「円がルーブルになる日」
東京、ストックホルム、ソウル。危機の人間模様

 全財産を米ドルに換えた男がいる。大手商社に勤める山下司郎(37歳、仮名)だ。数年前から少しずつドルを買い増してきた。円安に振れ始めた数カ月前に定期預金を解約し、すべての現金預金を米ドルの購入につぎ込んだ。当時のレートは1ドル125円だった。 分散投資の原則からははずれている。(34〜35ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2629文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
国際通貨基金(IMF)
地方自治体
中前国際経済研究所
米ムーディーズ・インベスターズ・サービス社
update:19/09/24