日経ビジネス 2001/10/01号

特集 シリーズ出直せニッポン 2004年 痛み 第1章 国家の信用、3都で溶解?
韓国  中産階級が消え、食堂の数急増

 2001年9月7日。ソウル市の市庁舎の前で朴泰延(仮名、57歳)はつぶやいた。「結局、俺たち50代が再就職する先はどこにもなかったな」——。その時、市庁舎の電光掲示板には、2002年ワールドカップの開催を告げる文字が淡々と流れていた。“持たざる者”が直面する悲劇 朴は1999年1月、ある民間シンクタンクを解雇された。(38〜39ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3280文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
国際通貨基金(IMF)
韓国・国民銀行
韓国・ザ・コスダック・ストック・マーケット社
韓国・大韓航空
update:19/09/24