日経ビジネス 2001/10/01号

特集 シリーズ出直せニッポン 2004年 痛み 第3章インタビュー・人物
島田 晴雄氏[慶応義塾大学教授] 生活産業が国と雇用を救う

 小泉純一郎政権は直近の課題として、不良債権問題の早期解決を掲げています。金融機関が不良債権を抱えていると、未来のリスクにチャレンジする企業にお金を貸せないから、早急にやらなくてはいけない。小泉さんの基本的な考え方は、まず不良債権の処理をやる、それから累積した矛盾に切り込むという具合に整理されています。(44〜45ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3487文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
【記事に登場する企業】
慶應義塾大学(慶応義塾大学)
厚生労働省
国土交通省
財政制度等審議会
地方自治体
内閣府
update:19/09/24