日経ビジネス 2001/10/01号

特集 シリーズ出直せニッポン 2004年 痛み 雇用貢献度ランキング
国の「目の敵」が断トツ1位 正社員の存在意義が問われる時代の象徴か

このランキングは「日本の雇用」の行き先を暗示している。雇用の創出に成功した企業は軒並み、パートなどの非正社員を増やし、その戦力化によって成長している。一方、雇用を喪失させた企業は、大量の正社員を抱えるコストについに耐えきれず、大幅な人員削減に至った。終身雇用と年功序列型賃金を約束された日本企業の「正社員」なる労働力は、その存在意義を問われ始めた。(46〜48ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3198文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
オリジン東秀
国土交通省
総務省
第一生命経済研究所
トヨタ自動車
ドイツ証券
日本医療事務センター
ヤマト運輸
update:19/09/24