日経ビジネス 2001/10/01号

ひと烈伝 人物
安部 修仁 氏[吉野家ディー・アンド・シー社長] 人にこだわる「牛丼大将」

 「安易な値下げはしない」──。外食産業の値下げ競争からは一線を画していた吉野家ディー・アンド・シーが、値下げに踏み切ったのは、この7月のことだ。 値下げによる手応えは、店舗での実験で既に得ていた。しかし、主力商品である牛丼並盛りの価格を400円から280円に引き下げるという決断を下すにあたって、社長の安部修仁(52歳)は3日間悩み抜いたという。(134〜136ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5406文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
いちごホールディングス
西洋フードシステムズ
東京大学
吉野家ホールディングス
update:19/09/24