日経ビジネス 2001/10/01号

新社長の履歴書 人物
竹中 恭二氏[富士重工業] 25人飛びの生え抜き社長

 ヒラの執行役員から25人抜き、しかも設立以来初の生え抜き社長の誕生で話題の人となったのが富士重工業の竹中恭二氏である。入社以来、開発畑を歩み、2年前に執行役員に就任。1999年12月に調印した米ゼネラル・モーターズ(GM)との提携では、極秘プロジェクトの段階から携わった。 社長就任以来、休日になるとポロシャツにスニーカーといったいでたちで販売店を回っている。(148〜149ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1250文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン
【記事に登場する企業】
米ゼネラルモーターズ社
SUBARU(旧:富士重工業)
update:19/09/24