日経ビジネス 2001/10/08号

編集長インタビュー 人物
中前  忠氏[中前国際経済研究所代表] ゼロ金利で日本は救えない

 安全に対する意識が高まり、生活態度が変わるでしょう。牧歌的なグローバリゼーションの時代は終わり、例えば、海外旅行などが自由にできなくなるかもしれない。それが一時的な現象で終わらない可能性も否定し切れない。本人確認、認証が厳しくなり、情報技術(IT)投資が本格化することになるかもしれませんね。まだよく分からないですが…。(130〜134ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6488文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
自民党
そごう
中前国際経済研究所
米連邦準備理事会(FRB)
update:19/09/24