日経メディカル 2001/10号

今月のキーワード
再生医療 体性幹細胞の活用が主流に 既に骨や角膜の機能回復に成功

 再生医療とは,機能が欠損したり,障害を受けた組織を,患者自身の組織や人工材料などで代替する移植医療。この分野で今注目されているのが,骨髄の間葉系幹細胞を分化させた骨芽細胞を,損傷した歯槽骨に移植する治療法だ。名大頭頚部・感覚器外科教授の上田実氏は,「歯周病のうち炎症で歯槽骨が損傷される病態に対しては,従来有効な治療法がなかった。(19ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1445文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > その他(病気・怪我)
update:19/09/27