日経メディカル 2001/10号

トレンドビュー
光力学療法 加齢黄斑変性の視力低下を抑制 国内治験でも期待されるPDT

 人口の高齢化などで今後,患者数の急増が予想されている疾患の一つに,加齢黄斑変性(age−related macular degeneration;AMD)がある。 九大眼科教授の石橋達朗氏が1998年に福岡県久山町で行った調査では,50歳以上の住民1486人のうち,0.8%が加齢黄斑変性に罹患(りかん)していることが明らかになった。(28〜29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2973文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > 創薬
update:19/09/27