日経メディカル 2001/10号

トレンドビュー
インフルエンザ 話題のノイラミニダーゼ阻害薬 小児への適応拡大の声強まる

 数年前までは対症療法しか手だてのなかったインフルエンザの治療が,感染の有無を迅速診断キットで確認し,抗インフルエンザ薬を投与するという原因療法へ大きく変化してきた。特に今シーズンは,今年2月に薬価収載されたノイラミニダーゼ阻害薬のザナミビル(吸入薬),オセルタミビル(経口薬)の実力に臨床医の注目が集まっている。(30ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1547文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/27