日経ビジネス 2001/10/15号

特集 シリーズ出直せニッポン 翔ぶ「世界の工場」中国 第2部
起業の最適地見つけた 日本飛び出し、閉塞感打ち破る

 大阪市でメッキ業を営む日本プロトンの湯川晃宏・代表取締役(43歳)はこう振り返る。コストダウンに詰まった、あるいは高付加価値商品を作れないメーカーが最後に逃げ込むところというイメージが、かつてはあった。 その湯川代表が今年3月に中国進出を決めた。10月中には深マにある工場が稼働を始める。(56〜59ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6383文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 新会社・新団体・起業
【記事に登場する企業】
宇宙開発事業団(NASDA)
宇宙航空研究開発機構(JAXA)
ヒサダ
update:19/09/24