日経ビジネス 2001/10/15号

特集 シリーズ出直せニッポン 翔ぶ「世界の工場」中国 第3部
輸出大国ニッポンが沈む 世界の工場 日中主役交代の衝撃

 財務省が毎月発表している貿易統計によると、日本の貿易黒字は2001年8月まで、14カ月連続で減少している。この先どうなるのか、本誌が日本経済研究センターに委託した調査では、衝撃的な結果が出た。日本の貿易収支は巻き返すことなく毎年平均230億ドル(約2.8兆円)ずつ減少、2005年には150億ドル(約1.8兆円)の赤字に転落するというのだ。(60〜63ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5675文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 世界経済・貿易 > 貿易全般
【記事に登場する企業】
英国政府
財務省
スズキ
住友商事
日産自動車
日本経済研究センター
日本貿易会
松浦機械製作所
読売新聞社
update:19/09/24