日経ビジネス 2001/10/15号

一刀論断 コラム
弱体小売業作った大店法 規制取り払い自由与えよ 鈴木  敏文[イトーヨーカ堂社長]

 日本には、いまだに大型店や商店街は大規模小売店舗法(大店法)に守られ生き延びてきたかのように思い込んでいる人がいる。だが私の見方は違う。むしろ規制があったために小売業は変化に対応できず革新性を失った、と思っている。 直近10年間の大手総合スーパー6社のデータ(有価証券報告書)を分析すると、既存店ベースで売り上げは平均70%に落ちている。1社ではない。(182ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1748文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
イトーヨーカ堂
セブン-イレブン・ジャパン
update:19/09/24