日経ビジネス 2001/10/22号

時流超流・トレンド 深層
高価な車載器、利用者不在、天下り… ETCごり押し、国交省の独善

 小泉純一郎首相が進める特殊法人改革では、日本道路公団などの取り扱いが焦点となっている。今後の高速道路建設をどうするかは重要なテーマだが、ほかにも看過できない問題がある。自動料金収受システム(ETC)だ。(10〜11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3346文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > ITS・自動車情報システム
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 土木事業・事例
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木事業・事例
ビズボードスペシャル > 事例 > 土木事業・事例
【記事に登場する企業】
国土交通省
首都高速道路
道路システム高度化推進機構
日本道路公団
米国航空宇宙局(NASA)
update:19/09/24