日経ビジネス 2001/10/22号

時流超流・トレンド
大企業の健保が強力タッグ 60社超で独自組織、情報提供など機能強化図る

 赤字組合が過半数を占めるなど、深刻な財政危機に直面している健康保険組合の間で、保険者としての役割のいっそうの強化を目指して、独自の組織作りが進んでいる。既に大企業を中心に60を超える健保組合が参加している。 この組織の名称は、「保険者機能を推進する会」。(14ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1578文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
健康保険組合連合
厚生労働省
東京海上火災保険
日本IBM
日本航空
日本製鉄(旧・新日鉄住金)
日立製作所
保険者機能を推進する会
三菱マテリアル
update:19/09/24