日経ビジネス 2001/10/22号

時流超流・トレンド In the Market
フジタ、青木建設、熊谷組…「20円企業」続出のゼネコン 上場廃止を考えた方がいい

 債権放棄を受けたフジタの株価が20円台へ突入してから1カ月以上が経過した。フジタと同じ「20円企業」の青木建設や熊谷組なども、「株式市場の一風景として同化している」(市場関係者)。株価が20円台へ下がるのと前後して、米国での同時多発テロやマイカルの経営破綻など、株式市場に影響を与える事件が相次いだ。にもかかわらず、株式市場ではゼネコン株は凪のような平静さを保つ。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1621文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
企業・経営・ビジネス > 財務 > 資金調達
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
【記事に登場する企業】
青木建設
熊谷組
東京証券取引所
フジタ
マイカル
update:19/09/24