日経ビジネス 2001/10/22号

ケーススタディー 経営
三井物産 組織防衛は許さない

 「ゆでガエルの危機」。三井物産の槍田松瑩常務は、同社の置かれている状況をこう表現する。カエルをぬるいお湯に入れておくと、熱さを感じずにお湯から出ようとしない。だが、体温は上昇し、最後は死んでいくという。 大手メーカーからの取引仲介料が細り、情報技術(IT)革命による「中抜き」も進行中だ。株価や格付けはさえない。(48〜52ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6766文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
米アメリカ・オンライン社
イトーヨーカ堂
独シーメンス社
セブン-イレブン・ジャパン
米ゼネラル・エレクトリック(GE)社
日本政府
三井物産
三菱商事
update:19/09/24