日経エレクトロニクス 2001/10/22号

What’s New
総崩れの電機メーカー 半導体に大ナタふるう
「小柄でも筋肉質」目指す

 国内電機メーカーの業績悪化に歯止めがかからない。全世界的な不況に加えて,米国で2001年9月に発生した同時多発テロが追い討ちをかけた。 テロ直後の2001年9月末,NEC,ソニー,沖電気工業は相次いで,2001年度の連結業績の予測を下方修正した(図1)。NECは,売上高が2001年4月の予測額より5100億円少ない5兆3400億円,営業利益は同1800億円少ない300億円とした。(37〜38ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3370文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
NEC
OKI(沖電気工業)
ソニー
update:18/08/02