日経ビジネス 2001/10/29号

時流超流・トレンド 世界震撼
テロ後の危機管理体制、主要企業に緊急調査 健闘の中にも改善の余地あり

 米国での宿泊は、自炊ができて、食料や水の備蓄をしているホテルを選ぶ。自動車でカナダに向かう際、国境を抜けるまでのガソリンをあらかじめ用意しておく。携帯電話などの通信機器は人数分持っていくこと——。 これは、日立製作所が9月11日の米同時テロ直後、米国出張者に出した指令だ。(8〜9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2668文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 企業統治・危機管理
【記事に登場する企業】
味の素
出光興産
キヤノン
三洋電機
資生堂
東芝
日本在外企業協会
日本ヒューレット・パッカード
日立製作所
富士通
三菱地所
三菱電機
update:19/09/24