日経ビジネス 2001/10/29号

時流超流・トレンド
夢枕に立つ憎いヤツ 迷惑メールに打つ手なし、ドコモの仮処分だけが頼り

 夜中に携帯電話の着信音で起こされたらメールが来ていた。しかも望んでもいない「出会い系」やアダルトビデオ販売の勧誘だった——。携帯電話を利用している人のほとんどが、こうした「迷惑メール」に腹を立てた経験があるはずだ。10月22日に開かれた総務省の情報通信審議会でも、対策が後手に回っているとの不満が噴出した。(14ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1647文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
NTTドコモ
KDDI
情報通信審議会
総務省
ソフトバンクモバイル
update:19/09/24