日経ビジネス 2001/10/29号

時流超流・トレンド In the Market
日本航空、テロ後も下がらぬ株価 最後は国が助けてくれる?

 米国同時テロ発生以降、航空業界は乗客の減少による収入減に加えて、安全対策、保険料などのコスト増という二重の苦しみに直面している。 米国では大手ユナイテッド航空の持ち株会社UALの株価が半減。業界全体で12万人を削減するほど業績が悪化し、政府が180億ドルの資金援助を決めた。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1619文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
【記事に登場する企業】
国土交通省
日本航空
野村証券金融研究所
メリルリンチ日本証券
米ユナイテッド航空
update:19/09/24