日経ビジネス 2001/10/29号

時流超流・トレンド ニュースの死角
住宅公庫改革、30年前の米国以下 牧野  洋[日経ビジネス編集委員]

 米国にも住宅金融公庫はあるのだろうか。似た組織はある。連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)と連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)だ。 過去数年、両社は組織形態を変えるよう大きな圧力を受けている。クリントン前政権下では、当時のサマーズ財務長官が批判の急先鋒に立ち、グリーンスパン米連邦準備理事会(FRB)議長も同調するようになった。 両氏の言い分を紹介しよう。(22ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1585文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
国土交通省
住宅金融支援機構
ニューヨーク証券取引所
米バークシャー・ハザウェイ社
米証券取引委員会
米連邦準備理事会(FRB)
update:19/09/24