日経ビジネス 2001/10/29号

特集 理不尽な税金 第3章
首相よりエライ人たち 日本の税を決める「永田町お達者クラブ」

 お盆の帰省ラッシュで世間が気ぜわしい8月10日の夕刻。東京・紀尾井町の料亭、弁慶橋清水の玄関を7人の男たちが次々にくぐった。 その顔ぶれは相沢英之、山中貞則、宮下創平の自民党ベテラン議員と一橋大学長の石弘光ら。相沢らは党税制調査会の会長、最高顧問、小委員長。石ら3人は政府の税制調査会の幹部。ホスト役は財務大臣の塩川正十郎だった。(37〜40ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5276文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内財政 > 税金・国債
【記事に登場する企業】
大阪大学
公明党
財務省
自民党
総務省
東京大学
一橋大学
民主党
update:19/09/24