日経ビジネス 2001/10/29号

本 著者に聞く パーソナル
椎名  麻紗枝氏 金融被害は薬害エイズと同根
 『100万人を破滅させた大銀行の犯罪』

バブル経済期に銀行から「相続税対策に」と勧められ、数億円から数十億円の融資を受けて投機性の高い金融商品を買った高齢者たちが今、借金を返せなくなり、全財産を失いつつある。弁護士である著者がその実態を告発した。(聞き手は立木  奈美) ——バブル期に銀行はどんなことをしていたのですか。(97ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1652文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
update:19/09/24