日経ビジネス 2001/10/29号

経営者の眼 コラム
外務省の不祥事は他人事か 丹羽  宇一郎[伊藤忠商事社長]

 外務省には列車が2本走っている。最近、同省職員の不祥事が相次ぐのを見て、このことを改めて思った。 列車というのは、外交官試験に合格したいわゆる「キャリア組」と、そうでない「ノンキャリア組」のことだ。前者が特急のスピードで出世していくのに対し、後者は鈍行のように昇進するスピードが遅い。というよりも、昇進の終着駅は最初から異なっている。(99ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1675文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > その他(人事)
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
伊藤忠商事
外務省
ファミリーマート
吉野家ホールディングス
update:19/09/24