日経トップリーダー 2001/11/01号

特集
廃業の限界点
頑張りすぎて人生を棒に振らないために

 「半年もしのげば、業績は必ず上向く」。日本の中小企業は、これまで不況がやってくるたびにそう信じてしぶとく乗り越えてきた。しかし、今回の不況はどうやら違う。 不良債権の最終処理が急速に進んでいる現在、銀行などの金融機関は、政府の金融検査マニュアルに照らして融資先を厳しく選別し、経営に少しでも問題があれば即資金を回収するという姿勢を鮮明にしている。(22ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:468文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 倒産・解散
update:19/09/24