日経トップリーダー 2001/11/01号

社長大学 第2回
河野敏旺  第2回 ジャガー・スポーツ 社長
捨てざるを得なかった技術屋魂 急成長の裏で続いた苦悩の日々

大日機工はトンネル工事に使う無人作業車の開発で一躍脚光を浴び、成長軌道に乗った。しかし、河野氏は会社が大きくなればなるほど、人には言えない自己嫌悪とプレッシャーに苛まれるようになったという。英国ジャガー社との技術提携は「日の丸ベンチャーの快挙」と讃えられたが、河野氏は「それが破綻への第一歩だった」と振り返る。(98〜100ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4505文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる216円
買い物カゴに入れる(読者特価)108円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
サービス・流通・生活・文化 > メディア・音楽・スポーツ > スポーツ
【記事に登場する企業】
英ジャガー社
ジャガー・スポーツ
大日機工
update:18/08/02