日経ビジネス 2001/11/05号

時流超流・トレンド
牛丼とフリース、業界を揺るがす2トップの初顔合わせ 「安くて良い」がなぜ悪い?

かたやフリースを980円で売るファーストリテイリングを築いた柳井正社長、かたや牛丼280円の吉野家ディー・アンド・シーを率いる安部修仁社長、2人のトップが、初めて顔を合わせ熱く語り合った。理念こそ経営に最も必要な要素、企業は常に変化する必要がある。新・価格破壊の旗手の意見は見事に一致した。(6〜9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5976文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
ダスキン
日本ケンタッキー・フライド・チキン
日本マクドナルド
ファーストリテイリング
吉野家ホールディングス
update:19/09/24