日経ビジネス 2001/11/05号

特集 流通再編 最終章 第5章 激論!
勝ち組トップが占う流通再編の行方 外資席巻、いや 日本は難しい 岡田卓也氏・鈴木敏文氏
自動車業界と同じ激震が 小売業界でも起きる 規模だけを追求しても 特徴なければ負ける

日本の小売業の未来の姿? 私はね、小売業界も自動車業界と同じような再編が起こり得ると思っている。つまり国際競争が進む中で、トヨタ自動車とホンダは自力で生きているが、日産自動車、マツダ、三菱自動車工業は外資との資本提携という道を選んだ。そういう状況が小売りでもあり得るということだ。 やっぱり外資流通業は規模が違う。(40〜41ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2332文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 卸・小売サービス > その他(卸・小売サービス)
【記事に登場する企業】
イトーヨーカ堂
米ウォルマート・ストアーズ社
仏カルフール社
シアーズ
西友
セブン-イレブン・ジャパン
ダイエー
英テスコ社
テスコ
トヨタ自動車
日産自動車
ホンダ
マイカル
マツダ
三菱自動車
独メトロ・グループ社
update:19/09/24