日経ビジネス 2001/11/05号

技術&イノベーション リポート
こんなに身近なノーベル賞——不斉合成 生命を「左右する」もの

 メントール入りのガムや歯磨き剤、整髪料から、ビタミン剤、日本で最も売れている経口合成抗菌剤まで——。これらの製品を作る時に使われている「不斉合成」という言葉は知らなくても、この人の功績の恩恵にあずかっていない人はほとんどいないだろう。 10月10日、名古屋大学大学院の野依良治教授が2001年ノーベル化学賞を受賞することが決まった。(62〜66ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4601文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
味の素
京都大学
米食品医薬品局(FDA)
住友化学
高砂香料工業
第一製薬
筑波大学
名古屋大学
ブロードメディア
update:19/09/24