日経ビジネス 2001/11/05号

一刀論断 コラム
解除権行使は正当な権利 邦銀のカネは誰がために 八城  政基[新生銀行社長]

 新生銀行は、破綻した日本長期信用銀行の融資のうち保有しても問題がないと国が判断した融資を引き継いだ。融資の譲渡をキャンセルする解除権が契約で保証されている。解除権とは、もともと譲渡すべきではなかった融資を譲渡してしまったことに対して譲渡をキャンセルする権利のことだ。 今になって新生銀行が解除権を行使することをとがめる風潮がある。(138ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1714文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
米シティバンク
新生銀行
整理回収機構
そごう
マイカル
update:19/09/24